トレーニング前は体重64.60kg、体脂肪率33.6%だったSさん。
1ヶ月後には体重62.40kg 、体脂肪率31.1%に。
脂肪が2.3kg減、筋肉が100kg増え、体内年齢も4歳若返りました。

小学生のお子様がいらっしゃるSさん。お付き合いの外食も週に何度かはありました。
お食事内容は品数も多く、彩りも良いお食事で食材のバランスは良いのですが、
お肉、お魚の「タンパク質」のとりすぎと夕方のおやつで、エネルギーを溜め込んでしまっているようでした。

レッスン開始まもない頃のお食事

FullSizeRender 11.jpgIMG_0281.JPG
魚、海藻、野菜と食材のバランスは良いのですが、お魚の分量が多いです。肉魚は大体1食に手のひら半分を目安に。お刺身は5枚程度がおすすめです。

朝ごはん

FullSizeRender 5.jpg
◯卵おじや
○小松菜のおひたし
○キムチ

栄養バランスが良く1日1個は食べたいタンパク源の卵は、朝におじやにすると取り入れやすいですね。ゆで卵やスクランブルエッグの日もありました。発酵食品のキムチで腸内環境も整えます。

昼ごはん

FullSizeRender 6.jpg
○全粒粉ベーグル
○低脂肪クリームチーズ、サーモン、トマト
○ブロッコリーとチキンのサラダ
お肉や魚を食べすぎてしまう傾向があったので、少なめの鶏胸肉をサラダのトッピングにして、お野菜と一緒に。
サーモンベーグルにはどうしてもクリームチーズを使いたかった!という事で低脂肪タイプのものをチョイス。低脂肪なカッテージチーズやギリシャヨーグルトなどでも代用できます。ブロッコリーやトマトは毎日登場のさっと用意できる定番ビタミン野菜ですね。

夜ご飯

IMG_0340.JPG
○さわらの西京焼き
○切り干し大根
○トマト、ブロッコリー、小松菜
○具沢山お味噌汁(しいたけ、しめじ、人参、大根の葉、豆腐)
基本、朝しっかり主食のごはんを食べるSさんは、夜だけ主食を抜いて主菜1、付け合せ1、副菜1、汁物1の4品でバランス良く。
和食は脂質は少ないですが塩分が多いため、過剰にならないように、汁物はできるだけ具沢山で汁少なめにして翌日のむくみを予防します。

むくみ・便秘に効果的!

○カレーヨーグルトのマリネチキン
○色々きのこの酒蒸し
○カリフラワーとトマトのサラダ

FullSizeRender 9.jpg

排卵期以降の水分や養分を溜め込みやすい時におすすめのメニューがずらり。ヨーグルトでマリネしたチキンは乳酸菌が腸内環境を整え、カリフラワーやトマトがむくみを予防します。きのこも低カロリーで食物繊維が豊富なので、ダイエット中のおかずにぴったりですね。


食べすぎた翌日はフルーツ豆乳ブランでリセット

生理前のイライラ・シミ予防にも良い組み合わせ

○オールブラン
○いちご
○豆乳

FullSizeRender 10.jpg

豆乳(豆類)に含まれるトリプトファンが心を静めて安定させたり、いちごのビタミンCがストレスやシミ予防にも効果的。お砂糖いっぱいのケーキやチョコを控える代わりに、リラックスタイムのおやつとしてもおすすめです。


エアロバイク&ウォーキングで運動量UP!

トレーニングでは毎回エアロバイクも40分間こぎますが、ご自宅にエアロバイクも導入!またショッピングで積極的に歩く量を増やす事で、しっかり食べて栄養をつけながらも脂肪を燃焼させていく事ができました。

DSC00622.JPG